全国医学部合同説明会

【2025年度】私立医学部総合型選抜・学校推薦型選抜 入試日程表

こんにちは。
受験情報センター長の鈴村です。


私立医学部の2025年度入試日程が判明しました。この記事では総合型選抜・学校推薦型選抜に絞って今年の入試日程を見ていきます。


全国医学部合同説明会


目次[非表示]

  1. 1.2025年度 私立医学部総合型選抜・学校推薦型選抜 入試日程
  2. 2.今年から新しく始まる総合型・学校推薦型選抜
  3. 3.併願可能な総合型・学校推薦型選抜は5大学
  4. 4.基本的に受けられる総合型選抜・学校推薦型選抜は「1つだけ」

2025年度 私立医学部総合型選抜・学校推薦型選抜 入試日程

2025年度の私立医学部の総合型選抜・学校推薦型選抜の入試日程を一覧にすると次のようになります。赤字は併願できる入試青字は1次試験と2次試験に分かれている入試の2次試験です。


9/28(土)
獨協医科大学(総合型)1次
10/12(土)
獨協医科大学(総合型)2次
10/19(土)
帝京大学(総合型)1次
東海大学(希望の星)1次
10/26(土)
東北医科薬科大学(総合型①)
10/27(日)
東北医科薬科大学(総合型②)
11/9(土)
獨協医科大学(推薦)※地域特別枠推薦は1次
川崎医科大学(総合型)1次
11/10(日)
東海大学(展学)1次
ふじた未来入試 1次
11/15(金)
東邦大学(総合・同窓生・推薦)1次
獨協医科大学(推薦)2次
11/16(土)
聖マリアンナ医科大学(推薦)
大阪医科薬科大学(推薦)
久留米大学(推薦)
川崎医科大学(総合型)2次
ふじた未来入試 2次
11/17(日)
昭和大学(推薦)
帝京大学(推薦)
北里大学(推薦)※学士選抜は1次
近畿大学(推薦)1次
兵庫医科大学(総合型・推薦)※総合型推薦は1次
11/23(土・祝)
岩手医科大学(総合型・推薦)
東京女子医科大学(推薦①)
愛知医科大学(推薦)
関西医科大学(推薦)1次 ※一般枠は併願可
産業医科大学(総合型)1次
11/24(日)
埼玉医科大学(推薦)
東京女子医科大学(推薦②)
福岡大学(推薦)
東海大学(展学)2次
11/30(土)
埼玉医科大学(推薦)
東京医科大学(推薦・学位)※全国ブロック別は1次
金沢医科大学(総合型)1次
東邦大学(総合・同窓生・推薦)2次
関西医科大学(推薦)2次
12/1(日)
近畿大学(推薦)2次
12/4(水)
産業医科大学(推薦)
12/8(日)
北里大学(学士)2次
金沢医科大学(総合型)2次
兵庫医科大学(総合型)2次
12/14(土)
東京医科大学(全国ブロック別推薦)2次
日本大学(推薦)


今年から新しく始まる総合型・学校推薦型選抜

東北医科薬科大学医学部は設立以来初めて総合型選抜を実施します。募集人員は20名。学力試験は英語小論文・数学小論文・理科小論文が行われ、既にサンプル問題が大学のホームページで公表されています。


帝京大学医学部はこれまで実施していた推薦だけでなく、総合型選抜を実施します。1次試験は小論文・個人面接・グループディスカッションで、2次試験は共通テストの得点で合否を判定します。


入学辞退可能な併願入試であり、東海大学医学部の希望の星育成とよく似ています。違いは出願資格が1浪までなら誰もが受けられるところ。1次試験日も同じ10月19日(土)であり、どちらを受けるか悩む医学部受験生もいそうです。


他には東京医科大学が英語検定試験利用推薦と学士選抜を新しく実施します。これで一般公募・地域枠・全国ブロック別・英語検定試験利用と4つの区分で推薦を行うことになり、併願できる試験とできない試験があるので注意が必要です。


日本大学医学部は昨年の新潟県地域枠推薦に続き、公募推薦を実施します。新潟県地域枠推薦で課される学力試験は英語・数学のみですが、公募推薦は英語・数学・物理・化学・生物が課されます。すべてマークシート式で1浪まで、評定平均4.0以上であれば受験できます。


併願可能な総合型・学校推薦型選抜は5大学

私立医学部総合型・学校推薦型選抜の中で、併願可能なのは次の5種類です。


◎帝京大学(総合型)
◎東海大学(希望の星育成)
◎藤田医科大学(ふじた未来入試)
◎関西医科大学(一般枠推薦)
◎近畿大学(推薦)


今年、試験日が重なっているのは帝京大学(総合型)と東海大学(希望の星育成)の1次試験のみです。よって、他は高校が調査書や推薦書を出してくれるならば受験することができます。


基本的に受けられる総合型選抜・学校推薦型選抜は「1つだけ」

私立医学部の総合型選抜・学校推薦型選抜は専願がほとんどであり、基本的に「1校しか受験」できません。よって、どの大学を受験するか医学部受験生は頭を悩ませることになります。


私立医学部の総合型選抜・学校推薦型選抜は大学によって試験形式や試験科目が異なり、一般選抜とは違う視点から受験校を選ばなければなりません。試験問題が非公表の大学も多く、情報が勝負を分けると言っても過言ではありません。


メルリックス学院も大学をお呼びしての入試セミナーを各校舎で開催していますが、医学部受験生もこの夏はオープンキャンパスや進学相談会に足を運び、どの大学を受験するか、そもそも総合型選抜・学校推薦型選抜を受験するかについて、よく考えてほしいと思います。


◇◆受験情報センター長にこちらからメールで相談することができます(無料)◆◇

鈴村
鈴村
メルリックス学院医学部・歯学部受験情報センター長

新着記事

他の合格体験記

受験攻略ガイド

カテゴリ一覧