東海大学医学部の2024年度入試結果と2025年度入試変更点

こんにちは。
渋谷校の合格請負人である教務マネージャーの川村と申します。


東海大学医学部の2024年度入試結果が公表されました。
 
2024年度(令和6年度)の一般受験者数(3,198名)は前年比1.6倍の受験者数を集めた昨年度(3,186名)とほぼ横ばいとなり、総合格者数が132名と昨年度の119名より上回ったため合格実質倍率は24.2倍と昨年度の26.8倍より下回る結果となりました。


【先行予約】最新の医学部・歯学部入試データを集めた【医歯学部入試総括2024】を6月下旬に発行決定! 5/31までに予約した方に特典としてプレテストを1校プレゼント!



目次[非表示]

  1. 1.○募集概要
  2. 2.○入試結果
    1. 2.1.一般
    2. 2.2.共通テスト利用
    3. 2.3.神奈川県地域枠
    4. 2.4.静岡県地域枠
  3. 3.○合格最低点
  4. 4.○補欠と繰り上げ合格
  5. 5.○2025年度の入試変更点
    1. 5.1.希望の星育成選抜
    2. 5.2.展学のすすめ
  6. 6.○出願書類
  7. 7.○一般選抜の出題傾向
    1. 7.1.英語 標準
    2. 7.2.数学 標準
    3. 7.3.化学 やや易
    4. 7.4.生物 やや難
    5. 7.5.物理 標準
    6. 7.6.小論文 資料文型
    7. 7.7.面接 個人面接
  8. 8.○合格体験記

○募集概要

2024年度(令和6年度)の東海大学医学部の募集概要は以下の通りとなっている。2025年度(令和7年度)も募集人数に変更はない。


・総合型選抜・特別選抜として
希望の星育成で10名(本年度入学者は7名)
展学のすすめで10名(本年度入学者は8名)

・学校推薦型選抜として
付属推薦で20名

・一般選抜として
一般選抜で60名(本年度入学者は70名)

・共通テスト利用として
共通テスト利用選抜で10名(本年度入学者は8名)
神奈川県地域枠5名
静岡県地域枠3名
 


総入学者数 121名


東海大学医学部は、「良医の育成」を目指し、多様な入試形態で幅広い受験生に門戸を開いている。


○入試結果

一般


2024
2023
2022
募集人員
60
60
60
志願者数
3,565
3,600
2,333
一次受験者数
3,198
3,186
2,005
一次合格者数
320
313
298
一次合格倍率
10.0
10.2
6.7
二次受験者数
271
252
208
正規合格者数
80
69
86
補欠候補者数
152
159
97
繰上合格者数
52(67)
50(62)
16(24)
総合格者数
204(219)
119(131)
102(110)
最終合格倍率
15.7
26.8
19.7
入学者数
70
70
47

共通テスト利用


2024
2023
2022
募集人員
10
10
10
志願者数
676
657
445
一次受験者数
671
654
442
一次合格者数
121
120
121
一次合格倍率
5.5
5.5
3.7
二次受験者数
79
77
54
正規合格者数
21
16
26
補欠候補者数
50
56
22
繰上合格者数
18(50)
27(38)
4
総合格者数
39(71)
43(54)
30
最終合格倍率
17.2
15.2
14.7
入学者数
8
10
10

神奈川県地域枠


2024
2023
2022
募集人員
5
5
5
志願者数
109
126
74
一次受験者数
109
125
74
一次合格者数
43
33
35
一次合格倍率
2.5
3.8
2.1
二次受験者数
38
27
29
正規合格者数
5
5
5
補欠候補者数
25
18
20
繰上合格者数
7(11)
5(12)
7
総合格者数
12(16)
10(17)
12
最終合格倍率
9.1
10.5
6.2
入学者数
5
5
5

静岡県地域枠


2024
2023
2022
募集人員
3
3
3
志願者数
93
175
58
一次受験者数
93
175
58
一次合格者数
33
34
33
一次合格倍率
2.8
5.1
1.8
二次受験者数
25
27
25
正規合格者数
3
3
3
補欠候補者数
19
19
16
繰上合格者数
2(4)
6(13)
4
総合格者数
5(7)
9(16)
7
最終合格倍率
18.6
19.4
8.3
入学者数
3
3
3


○合格最低点

公表されていません。


○補欠と繰り上げ合格

2024年度の一般は正規合格者数80名、繰り上げ合格者数は52名で、総合格者数としては132名という結果となりました。(うち入学者は70名)
2023年度の総合格者数は119名、2022年度の総合格者数は102名ですので、ここ数年と比べ総合格者数としては多い入試結果となりました。

ただし、東海大学が公表している繰り上げ合格者数は連絡時に入学の意思を示した人数であり、補欠順位では、2024年度67位、2023年度62位、2022年度24位まで回っています。


○2025年度の入試変更点

希望の星育成選抜

・評定平均3.8以上⇒基準なし
・出願書類「人物評価書」を廃止
・これまで日本の高校を卒業見込の現役生のみだったが、外国の学校を卒業見込の者、また国際バカロレア資格等でも受験可


展学のすすめ

一次試験:11/10、二次試験:11/24と試験日が2週間後ろにずれる


○出願書類

「医学部調書」として高校卒業からの履歴と中学卒業後の資格取得・ボランティア活動等の活動歴の提出が必要となる。また、インターネット出願時に「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を50字~300字以内で入力する。


○一般選抜の出題傾向

英語 標準

70分100点。記述・マーク式。
和訳、英訳の記述対策は必須、特に英訳は入念な準備が必要、過去問演習で出題形式に慣れておくと良い


数学 標準

70分100点。穴埋め式。
2023年度より出題範囲がⅠA・ⅡBとなったが、例年考えさせられる総合問題で応用力も問われる


化学 やや易

理科1科目70分100点。試験会場で選択する。マーク・穴埋め式。
基本に忠実に!典型的な問題に慣れよう


生物 やや難

理科1科目70分100点。試験会場で選択する。 記述・穴埋め式。
知識、計算、考察、記述、総合的な実力をつけて試験に臨みたい


物理 標準

理科1科目70分100点。マーク式。
レベルの高い問題が多い年は時間が足りないことも、解法スピードを意識して身に着けよう


小論文 資料文型

45分500字
一般・共通テスト利用・神奈川県地域枠・静岡県地域枠の二次試験で実施される。

2024
(1日目)読売新聞「日曜の朝に」を読んで、「子どもの声を騒音と捉える風潮」に対するあなたの考えを述べる
(2日目)『日本一短い手紙「挑戦・チャレンジ」第30回一筆啓上賞』の手紙を読んで “普通” とはなにか、あなたの考えを500字以内で述べる

2023
(1日目)坂井律子著『<いのち>とがん 患者になって考えたこと』を読んで考えを自由に述べる
(2日目)「天声人語」を読んで考えを自由に述べる


2022
(1日目)アンデシュ・ハンセン著 「スマホ脳」より精神科医の文章から自分の経験を含め考えたことを自由に述べる
(2日目)マグリット展より 作品「テーブルに着く男」が提示され、マグリットの功績と、自宅で死後にイーゼルに残されたこの絵の説明を読んで、絵を見て感じ考えたことを述べる


面接 個人面接

10~20分程度
比較的和やかでリラックスした雰囲気の中で行われる。掘り下げて人物を見たいときは長くなる場合もある。地域枠と併願している場合は、一回目の面接後に地域枠の面接が行われる


○合格体験記

東海大学医学部<展学のすすめ>合格|海外の高校を卒業後、文系大学を経て再チャレンジで合格!

東海大学医学部 合格|初めて実施された「展学のすすめ」で見事合格!

東海大学医学部 合格|推薦不合格からの一般選抜でリベンジ!

東海大学医学部 合格|理系であっても必要不可欠な日本語の思考能力、小論文の授業で大切なものを掴んだ


川村
川村
メルリックス学院渋谷校教務マネージャー

新着記事

他の合格体験記

受験攻略ガイド

カテゴリ一覧