catch-img

【2024金医】金沢医科大学一般入試(一般選抜)前期に合格するための対策<後編>

皆さん、こんにちは。
メルリックス学院代表の佐藤です。


金沢医科大学医学部は、2024年度私立医学部一般選抜偏差値ランキングで、32大学中28位。入試難易度は偏差値63.0で、埼玉医科大学医学部、久留米大学医学部と同水準です。


今回は「私立医学部偏差値ランキング」ブログの一環として、<前編>に引き続き金沢医科大学医学部の一般前期入試についてお伝えしたいと思います。





目次[非表示]

  1. 1.●金沢医科大学一般入試(一般選抜)に地震が与えた影響
  2. 2.●金沢医科大学一般入試(一般選抜)前期の化学
  3. 3.●金沢医科大学一般入試(一般選抜)前期の生物
  4. 4.●金沢医科大学一般入試(一般選抜)前期の物理
  5. 5.●金沢医科大学一般入試(一般選抜)前期の面接
  6. 6.●私立医学部医学科一般入試(一般選抜)偏差値ランキング
  7. 7.☆佐藤代表の著書が1月19日より全国有名書店で発売中☆

●金沢医科大学一般入試(一般選抜)に地震が与えた影響

2024年1月1日、石川県能登半島を震源とするM7.6の能登半島地震が起きました。この地震が入試に与える影響は今のところなく、一般入試(一般選抜)も予定通り1月30日(火)・31日(水)に実施されると大学より公表されています。今後の地震活動により変更があった場合は、大学ホームページよりお知らせがあるとのことです。


また、金沢医科大学の学生、教職員は全員無事が確認され、大学・病院等の施設被害状況についても、停電・断水を含め大きな被害は報告されていないとのことです。医学部受験生にとってまずは一安心です。​​​​​​


●金沢医科大学一般入試(一般選抜)前期の化学

近年は小問5題、大問3題の問題構成となっています。解答時間に対して計算量が多いため、時間配分を考えて解く必要があります。


マーク式の問題ですが、選択問題では「すべて選びなさい」という形式があり、消去法が通用しない問題も少なくありません。幅広い穴のない知識が要求されます。


問題のレベルとしては、重要問題集などの標準的な問題集に載っているものがほとんどであることから、解ける問題から優先して解いていきましょう。


●金沢医科大学一般入試(一般選抜)前期の生物

例年大問3題の問題構成となっています。試験時間は2科目で90分、1科目平均45分と試験時間が短いので、時間配分を考えて解く必要があります。


問題は教科書の章末問題や教科書準拠の問題集の基本問題程度であり平易であることから7割以上が目標になるでしょう。幅広い分野から出題されるため、穴のないよう知識が求められます。


図説に載っているような実験問題がそのまま出題されることもあるので、教科書を十分に読み込んで、図を覚えることはもちろん、全体の流れも覚えるようにしましょう。


●金沢医科大学一般入試(一般選抜)前期の物理

例年大問2題の問題構成となっています。全体的に典型的な問題が多く、一度は解いたことがある問題も見られるので、解ける問題から取り組みましょう。


出題の範囲は広く、見慣れない問題が出題される場合もあるので注意しましょう。こうした問題も難問ではないことが多く、問題を正確に読み、内容を正しく把握すれば解ける問題もあるでしょう。また、誘導がつく時もあるので、出題者の意図を汲み取り解答すると良いでしょう。


●金沢医科大学一般入試(一般選抜)前期の面接

面接形式はグループ討論(面接官3名、受験生3~4名)、所要時間は15分~20分程度になります。


グループ討論の一連の流れは以下になります。

①別室にて課題文を渡されメモを取る。

②面接室にメモのみ持って入室する

③各受験生の机の上に質問シートが置かれており、質問の答えと自分が話したい討論のテーマ(課題文の内容に基づいて)を2分間で考える

④質問の答えと討論テーマを順番に答えた後に討論がスタート。


このように他大学とは少し異なった形式であること、事前に金沢医科大学のグループ討論は経験しておくことが良いでしょう。また、討論の様子はビデオカメラで撮影されていますが、カメラを意識しし過ぎることなく取り組みましょう。


 
以上、金沢医科大学一般入試(一般選抜)前期の理科と面接についてお伝えいたしました。入試概要や入試結果、英語・数学については<前編>でお伝えしています。


※金沢医科大学一般前期入試に関するより詳細な分析つきましては、1月29日(月)に渋谷本校と大阪梅田(大阪梅田ツインタワーノーズ26F・3号室)にて前日セミナーも実施予定ですので、是非そちらにご来場いただき、受験に向けての気持ちの最後の整理の場としてご活用いただければ幸いです。




●私立医学部医学科一般入試(一般選抜)偏差値ランキング

2024年度版【私立医歯学部受験攻略ガイド】に掲載している「入試難易度ランキング」は以下のようになっている。(ガイドP.46に掲載)


大学名

入試難易度
1位

慶應義塾大学

72.5
2位

東京慈恵会医科大学

70.0
3位

日本医科大学

69.0
3位

順天堂大学

69.0
5位

自治医科大学

68.5
5位

東北医科薬科大学​​​​​

(A方式)

68.5
5位
国際医療福祉大学
68.5
5位

大阪医科薬科大学

68.5
5位

関西医科大学

68.5
10位

産業医科大学

67.5

11位
昭和大学

66.5

11位

東京医科大学

66.5

13位

東邦大学

66.0

14位

東北医科薬科大学

(B方式)

65.5

14位
藤田医科大学
65.5
16位
日本大学

65.0

17位
近畿大学

64.5

17位
兵庫医科大学

64.5

19位
杏林大学
64.0
19位
帝京大学
64.0
19位
東海大学
64.0
19位
愛知医科大学

64.0

19位
東北医科薬科大学
(一般)

64.0

24位
岩手医科大学

63.5

24位
北里大学

63.5

24位
聖マリアンナ医科大学
63.5
24位
福岡大学

63.5

28位
久留米大学

63.0

28位
埼玉医科大学

63.0

28位

​​​​​金沢医科大学

63.0

31位
獨協医科大学
62.5
32位
川崎医科大学
62.0
32位
東京女子医科大学
62.0

☆佐藤代表の著書が1月19日より全国有名書店で発売中☆

『あなただけの医学部合格への道標』メルリックス学院佐藤代表・著
ISBN978-4-7825-3591-2(産学社)

全国有名書店で発売中!Amazonでもご予約受付中です!セミナーに来校された方には無料で配布しております。


佐藤
佐藤
メルリックス学院代表

新着記事

他の合格体験記

受験攻略ガイド

カテゴリ一覧