catch-img

【2024帝京】帝京大学医学部一般入試(一般選抜)に合格するための対策

皆さん、こんにちは。
メルリックス学院代表の佐藤です。


帝京大学医学部は、2024年度私立医学部一般選抜偏差値ランキングで、32大学中19位。入試難易度は偏差値64.0で、杏林大学医学部、東海大学医学部、愛知医科大学、東北医科薬科大学と同水準です。今回は「私立医学部偏差値ランキング」ブログの一環として帝京大学医学部一般入試についてお伝えしたいと思います。


※1月24日(水)17時より実施予定の【帝京大学前日セミナー】の会場は参加者多数につき、渋谷駅前ヒカリエ隣のふれあい貸し会議室渋谷No89に変更になりました※




目次[非表示]

  1. 1.●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の概要
  2. 2.●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の入試結果
  3. 3.●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の英語
  4. 4.●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の数学
  5. 5.●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の化学
  6. 6.●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の面接
  7. 7.●私立医学部医学科一般入試(一般選抜)偏差値ランキング
  8. 8.☆佐藤代表の著書が1月19日より全国有名書店で発売中☆

●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の概要

帝京大学医学部入試は、「2日以上受験した場合、試験日ごとの学科試験3科目の合計点が最も高い日の点数が採用される試験制度」であり、2024年度入試は1月25日、26日、27日で実施予定となっています。入試会場は本学板橋キャンパスのみです。


本年度の私立医学部では、1月26日に北里大学、1月27日に関西医科大学との試験日程の重複はありますが、受験必須科目の英語と数学、国語、物理、化学、生物のうち2科目と比較的少ない科目にて勝負を決する入試形態のため、受験権利を最大限獲得するため3日間連続で受験されることも多いのが特徴的です。また、得点は日程毎に標準偏差は使わず、あくまでも素点で評価されます。


また、受験科目の変更はできないので、注意が必要です。一次試験の合格発表日は1月30日(火)午前11:00です。2/6(火)2/7(水)で希望制です。二次試験の合格発表日が2/10(土)午前11:00です。


●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の入試結果

昨年度の志願者数は3日間延べ人数で6902名、受験者数で6442名と一昨年の受験者数6029名より大幅に増加したものの、繰り上げ合格の回り具合の影響もあり、合格実質倍率は28.9倍と一昨年の35.3倍より競争率の観点から見ると低くなっております。このことからも受験者数の増減に一喜一憂することなく、2023年度一般入試の合格最低点は211点/300点ですので、7割超えを一つの目安にしていただき、可能な限り点数を積み重ねることに集中することが肝要かと思います。



また、地域枠を利用して受験することも有効な手段であるかと思います。2024年度は茨城県地域枠の定員増や新潟県地域枠が新たに募集開始され、8名の地域枠の募集定員枠が確保されていますので、合格への最短経路を考えるのであればこれらの地域枠利用を選択肢に入れられる受験生の方もいらっしゃるかと思います。



地域枠で入学する生徒に求められる要素をしっかり理解した上で、覚悟と資質を客観的に示す必要がありますので、面接などの練習等は入念に準備してください。たとえば、帝京大学医学部の千葉県枠、福島県枠、静岡県枠などの募集定員2名以上の地域枠の最高点と最低点を取り上げてみても、例年、最高点と最低点に10点以上の開きがみられることが多いです。もちろん受験者数の母数が地域枠は、少ないため一位と二位の点数に開きがあるという可能性もあります。


●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の英語

では最初の試験科目の英語から見ていきましょう。出題形式はマーク、記述混合型です。文法関連が2023年度入試と同様、語句整序のみであれば最初にこれを処理して長文問題に多くの時間を割くのが望ましいと思われます。


長文3題それぞれ15分前後充てられれば余裕をもって解答できるでしょう。短文完成、謝り指摘、同意表現など他の文法問題が出題されることも想定しておきたいところです。2022年度で出題された内容説明記述問題が2024年度で復活することも考えられるので入念に準備しておきましょう。


●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の数学

帝京大学医学部入試の数学は数II範囲の微分積分は必須でそれ以外は満遍なく出題されています。形式は穴埋め形式です。難易度的には中堅私大から上位私大レベルの典型問題の解法で解ける問題が殆どであります。まずは上位私大レベルの典型問題は確実に解けるようにしておきたいところです。


例年、数問、ある程度考えさせる問題が入っています。その為、数学を得点源にしたい方は上位国公立レベルの問題も解いておきましょう。時間が60分と短いので、解ける問題からどんどん処理していくことが肝要になってきます。


●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の化学

帝京大学一般入試の化学は標準レベルの定番問題と基本的な知識を問う問題が多いのが特徴です。殆どは教科書傍用問題集に掲載されているレベルのものであります。根本的な対策は典型問題を素早く解ける訓練に時間を使うことが肝要であります。


化学反応と反応熱、金属元素、脂肪族と芳香族、合成高分子化合物が頻出単元であります。帝京大学医学部の化学を受験される方はまずはこれらの単元を仕上げたいところです。


●帝京大学医学部一般入試(一般選抜)の面接

帝京大学一般入試の面接は個人面接で10分程度です。緊張せずにリラックスした雰囲気で面接官と会話しているような流れで進行していきます。同じ部屋で4組が並行しています。高校の調査書からの質問も多いのが特徴です。


MMI(マルチプル・ミニ・インタビュー)のような課題シートに対して自分の意見を言わせる問題が必ず一問は出題されます。地域枠の面接では、地域に根付いた医療を行う資質のある人物かどうかをつぶさに観察されている点が特徴です。


※帝京大学医学部一般入試に関するより詳細な分析につきましては、1月24日(水)17時より渋谷駅前ヒカリエ隣のふれあい貸し会議室渋谷No89(メルリックス学院渋谷校から変更になりました)にて前日セミナーを実施予定ですので、是非そちらにご参加いただき、受験に向けての気持ちの最後の整理の場としてご活用いただければ幸いです。





●私立医学部医学科一般入試(一般選抜)偏差値ランキング

2024年度版【私立医歯学部受験攻略ガイド】に掲載している「入試難易度ランキング」は以下のようになっている。(ガイドP.46に掲載)


大学名

入試難易度
1位

慶應義塾大学

72.5
2位

東京慈恵会医科大学

70.0
3位

日本医科大学

69.0
3位

順天堂大学

69.0
5位

自治医科大学

68.5
5位

東北医科薬科大学​​​​​

(A方式)

68.5
5位
国際医療福祉大学
68.5
5位

大阪医科薬科大学

68.5
5位

関西医科大学

68.5
10位

産業医科大学

67.5

11位
昭和大学

66.5

11位

東京医科大学

66.5

13位

東邦大学

66.0

14位

東北医科薬科大学

(B方式)

65.5

14位
藤田医科大学
65.5
16位
日本大学

65.0

17位
近畿大学

64.5

17位
兵庫医科大学

64.5

19位
杏林大学
64.0
19位
帝京大学
64.0
19位
東海大学
64.0
19位
愛知医科大学

64.0

19位
東北医科薬科大学
(一般)

64.0

24位
岩手医科大学

63.5

24位
北里大学

63.5

24位
聖マリアンナ医科大学
63.5
24位
福岡大学

63.5

28位
久留米大学

63.0

28位
埼玉医科大学

63.0

28位
金沢医科大学
63.0
31位
獨協医科大学
62.5
32位
川崎医科大学
62.0
32位
東京女子医科大学
62.0

☆佐藤代表の著書が1月19日より全国有名書店で発売中☆

『あなただけの医学部合格への道標』メルリックス学院佐藤代表・著
ISBN978-4-7825-3591-2(産学社)

全国有名書店で発売中!Amazonでもご予約受付中です!メルリックスの各校舎でも購入いただけます!

佐藤
佐藤
メルリックス学院代表

新着記事

他の合格体験記

受験攻略ガイド

カテゴリ一覧