catch-img

北里大学医学部の2024年度入試結果と2025年度入試変更点

こんにちは。
受験情報センター長の鈴村です。


北里大学医学部の2024年度入試結果が発表されました。2024年度入試は繰り上げの動きが鈍い大学が多い中で、順調に繰り上げ合格が回っていた北里大学。合格最低点や最終的な合格倍率はどうだったのでしょうか。


【先行予約】最新の医学部・歯学部入試データを集めた【医歯学部入試総括2024】を6月下旬に発行決定! 5/31までに予約した方に特典としてプレテストを1校プレゼント!


目次[非表示]

  1. 1.○募集概要
  2. 2.○入試結果
  3. 3.○合格最高点・最低点
  4. 4.○補欠と繰り上げ合格
  5. 5.○2025年度の入試変更点
  6. 6.○出願書類
  7. 7.○一般選抜の出題傾向(2023年度)
    1. 7.1.英語 標準
    2. 7.2.数学 標準
    3. 7.3.化学 標準
    4. 7.4.生物 やや難
    5. 7.5.物理 標準
    6. 7.6.小論文 資料文型
    7. 7.7.面接 個人面接
  8. 8.○合格体験記

○募集概要

2024年度(令和6年度)の募集区分は以下の通りです。

・指定校推薦:35名
・地域指定校推薦:16名
・一般選抜:75名
・学士入学者:若干名

※地域指定校推薦は山梨県2名、茨城県4名、神奈川県5名、埼玉県2名、新潟県3名

これまで一般選抜と同じ試験日で行われていた学士入学者選抜が推薦と同じ試験日で行われるようになりました。2025年度(令和7年度)の募集区分に関してはわかり次第お伝えします。


○入試結果

一般選抜の過去3年間入試結果です。2024年度と2023年度は一次試験日が帝京大学一次試験日の2日目と同じ日程2022年度の一次試験日は近畿大学の一次試験日と同じ日程でした。


2024
2023
2022
募集人員
75
74
74
志願者数
1,995
2,016
2,178
一次受験者数
1,888
1,904
2,070
一次合格者数
486
488
494
一次合格倍率
3.9
3.9
4.2
正規合格者数
141
139
139
繰上合格者数
194
169
187
総合格者数
335
308
326
最終合格倍率
5.6
6.2
6.3
入学者数
75
72

○合格最高点・最低点

一般選抜の正規合格最高点と最低点です。過去3年間の最高点・最低点を見ると、2024年度の点数が全体的に高いことがわかります。


2024
2023
2022
正規合格最高点
(500点満点)
458点
(91.6%)
405点
(81.0%)
422点
(84.4%)

正規合格最低点

(500点満点)

312点
(62.4%)
273
(54.6%)
315点
(63.0%)


○補欠と繰り上げ合格

このところ、北里大学医学部の繰り上げ合格は私立医学部の中でも非常によく回り、2021年度は補欠候補者全員に回り切り、最終的に275名が繰り上げ合格になりました。入学辞退が多い理由としては、学費が3890万円と私立医学部の中で5番目に高いことや、小田急相模大野駅からスクールバスで25分といった地理的な要因があると考えられます。


○2025年度の入試変更点

昨年は1日で行われた学士入学者選抜が一次試験と二次試験に分かれます。一次試験は基礎学力検査と論文、二次試験は面接が行われます。


○出願書類

入学志願者面接票:A4 1枚。「本学志望の動機」と「自分が誇れること(学業以外のクラブ活動や生徒会活動、地域活動、趣味や特技など)」を記入する。


○一般選抜の出題傾向(2023年度)

英語 標準

70分150点 マーク式
健康、衛生や環境問題関連の英文を特にチェック、文法対策も万全に

数学 標準

80分150点 記述式・穴埋式
証明が頻出。5年連続で漸化式。微分積分は国公立タイプを

化学 標準

2科目100分200点(各100点)マーク式
適切な時間配分、穴の無い基本知識の習得が不可欠

生物 やや難

2科目100分200点(各100点)マーク式
試験時間に対して問題数が多い。実験問題のデータを素早く処理すること

物理 標準

2科目100分200点(各100点)マーク式
小問集合にある難度の高い問題は飛ばしていくことも考えよう!!

小論文 資料文型

二次試験で実施。90分。
3日間とも資料文型。ここ数年、資料文の内容が医療や障害をテーマとしたものが多い。問1・問2は資料文のタイトルを付ける問題や傍線部の説明、問3は800字で自分の考えを述べる。

【2023年度】
1日目:アンデシュ・ハンセン著 久山葉子訳 『スマホ脳』
2日目:マイケル・サンデル著 林芳記・息吹友秀訳 『完全な人間を目指さなくてもよい理由』
3日目:小林雅一著 『ゲノム編集とは何か』


【2022年度】
1日目:本庶佑著『ゲノムが語る生命線』
2日目:永田和宏著『地の体力』
3日目:香川知晶著『命は誰のものか』


【2021年度】
1​​​​​​​日目
:五木寛之著『大河の一滴』
2日目:長谷川和夫著『ボクはやっと認知症のことがわかった』
3日目:外山滋比古著『思考の整理学』

面接 個人面接

15分 面接官3名
志望理由や自己PRなどを聞かれる。出願書類の面接票に書いた内容は聞かれてもいいように準備していくこと。


○合格体験記

メルリックス学院からは毎年多くの生徒が北里大学医学部に合格、進学しています。

北里大学医学部学校推薦型選抜合格|「時間内に解ける問題を確実に」

北里大学医学部 指定校推薦合格|小論文と面接は完璧だった指定校推薦

鈴村
鈴村
メルリックス学院医学部・歯学部受験情報センター長

新着記事

他の合格体験記

受験攻略ガイド

カテゴリ一覧