catch-img

【2024年度】私立大学医学部入試難易度ランキング

こんにちは。
受験情報センター長の鈴村です。


毎年、発売している【私立医歯学部受験攻略ガイド】の2024年度版では、最新の私立大学医学部入試難易度ランキングを掲載しています。この記事ではその数値をどうやって算出しているかについて解説します。


目次[非表示]

  1. 1.2024年度 私立大学医学部入試難易度ランキング
  2. 2.ランキング表を見る時の注意点
  3. 3.「過去の結果」プラス「未来の予想」
  4. 4.数字が0.5刻みの理由

2024年度 私立大学医学部入試難易度ランキング

2024年度版【私立医歯学部受験攻略ガイド】に掲載している「入試難易度ランキング」は以下のようになっています。(ガイドP.46に掲載)



大学名

入試難易度
1位

慶應義塾大学

72.5
2位

東京慈恵会医科大学

70.0
3位

日本医科大学

69.0
3位

順天堂大学

69.0
5位

自治医科大学

68.5
5位

東北医科薬科大学​​​​​

(A方式)

68.5
5位
国際医療福祉大学
68.5
5位

大阪医科薬科大学

68.5
5位

関西医科大学

68.5
10位

産業医科大学

67.5

11位
昭和大学

66.5

11位

東京医科大学

66.5

13位

東邦大学

66.0

14位

東北医科薬科大学

(B方式)

65.5

14位
藤田医科大学
65.5
16位
日本大学

65.0

17位
近畿大学

64.5

17位
兵庫医科大学

64.5

19位
杏林大学
64.0
19位
帝京大学
64.0
19位
東海大学
64.0
19位
愛知医科大学

64.0

19位
東北医科薬科大学
(一般)

64.0

24位
岩手医科大学

63.5

24位
北里大学

63.5

24位
聖マリアンナ医科大学
63.5
24位
福岡大学

63.5

28位
久留米大学

63.0

28位
埼玉医科大学

63.0

28位
金沢医科大学
63.0
31位
獨協医科大学
62.5
32位
川崎医科大学
62.0
32位
東京女子医科大学
62.0

ランキング表を見る時の注意点

実は今年からこのランキング表に【注】を付けました。


*入試難易度は以下のデータを総合的に解析して算出している
(1)メルリックス内部生の模試結果と入試結果
(2)メルリックスが独自に入手した入試情報


これまでは注記を付けずに、お問合せがあったら回答していたのですが、とある私立医学部の入試担当責任者で以前は大手予備校にいらっしゃった方から「何のデータかわからない。不親切ではないか」とご意見をいただき、今年から注釈を明記することにしました。


実際にメルリックス学院では年10回弱の模試を校内実施していますが、多くは河合塾の全統模試を利用しています。よって、この入試難易度は「河合塾が公表している入試難易度」の数字(偏差値)とほぼ近似していると考えていただいていいと思います。


河合塾の入試難易度ランキングはこちらで公表されていますが、この場合の【ボーダーライン】とは「河合塾が予想する合否の可能性が50%に分かれるライン」と明記されています。メルリックスの入試難易度ランキングもこれに準じた考え方で算出しています。


ただし、メルリックスの内部生が受験した全国模試の偏差値と実際の入試結果を照らし合わせて数値を出しているので、河合塾の数値とは当然ズレがあります。


「過去の結果」プラス「未来の予想」

また、ランキングを算出する際は「過去の結果」プラス、「未来の予想」も合わせて公表しなければ意味がありません。


昨年度と比べて募集人員の増減や試験内容の変更、入試日程の移動など、考えなければならない要素はいくつもあります。


例えば、2023年度版と比較して、2024年度版では藤田医科大学の入試難易度ランキングを65.0から65.5に上げました。これは近年、教育・臨床・研究の分野で新しい試みを続けている藤田医科大学の人気が医学部受験生の間で上昇しており、合格者の平均偏差値が上昇していることに加えて、2024年度では一次試験が2月4日に行われることで、志願者が増えるのではないかと予想したからです。


たとえ志願者が目に見えて増えることがなくても、入試日程の後半に一次試験を行うことで、これまでより幅広い層の受験生が受けることになり、難易度としては上昇するのではないかと想定しました。このように過去の結果と未来の予想を組み合わせて、大学ごとに算出しています。


数字が0.5刻みの理由

河合塾の入試難易度ランキングは2.5刻みを採用していますが、メルリックスのランキングは0.5刻みを採用しています。以前、河合塾の方にランキングの算出方法をうかがった時に「いくらでも細かくしようとすればできるが、あまり細かくしすぎてもランキング本来の意味から外れてしまうので、2.5刻みとしている」とお話しいただきました。


実際に受験した方ならおわかりになると思いますが、こういったランキング表は「妄信」するものではなく、あくまで「目安」として勉強の指針とするのが正しい使い方だと考えています。そのため、どこまでも正確な数字を求めようとするのではなく「見て、わかる」という本来の目的を大切にするべきだと考えています。


よって、メルリックスとしては0.5刻みにして、少しでも医学部受験生にわかりやすいランキングを目指しています。受験校を選択する時の参考に少しでもなれば幸いです。


◇◆2024年度の私立医学部入試日程スケジュール表をダウンロードできます。こちらからご登録ください◆◇



鈴村
鈴村
メルリックス学院医学部・歯学部受験情報センター長

新着記事

他の合格体験記

受験攻略ガイド

カテゴリ一覧