2024年度 私立歯学部志願者数一覧【2024/06/11現在】

こんにちは。
受験情報センター長の鈴村です。


2024年度(令和6年度)の私立歯学部入試の志願者数がおおよそ判明しました。大学からいただいた入試結果のデータを基に2024年度の私立歯学部入試を読み解いていきます。


◇◆全国13大学14学部の歯科大学が渋谷に集結!合同説明会&個別相談を行います!◆◇


目次[非表示]

  1. 1.私立歯学部の一般選抜志願者は前年比10.2%増(確定)
    1. 1.1.私立歯学部 一般選抜(共テ利用含む)総志願者数 ※2024/06/11確定
  2. 2.前期より後期の方が高い増加率
    1. 2.1.私立歯学部 入試区分別志願者数(一般選抜/共テ利用)※2024/06/11現在
    2. 2.2.私立歯学部一般選抜 日程別志願者数(前期/後期)※2024/06/11現在
    3. 2.3.私立歯学部共テ利用選抜 日程別志願者数(前期/後期)※2024/06/11現在
  3. 3.日本歯科大学と昭和大学歯学部の2月1日対決は?
  4. 4.大阪歯科大学の2025年度試験日が2月1日、2月2日に決定!
  5. 5.2024年度 私立歯学部志願者数一覧(2024/06/11現在)
    1. 5.1.北海道・東北地方
    2. 5.2.関東地方
    3. 5.3.中部地方
    4. 5.4.関西地方
    5. 5.5.九州地方

私立歯学部の一般選抜志願者は前年比10.2%増(確定)

2024年度入試における私立歯学部一般選抜の総志願者数は7,016人と昨年比10.2%増でした。昨年度の6,364人から652人増となりました。

私立歯学部 一般選抜(共テ利用含む)総志願者数 ※2024/06/11確定


2024
2023
昨年比
一般選抜(共テ利用含む)
7,016人

6,364人

110.2%


志願者数を牽引したのは大阪歯科大学です。大胆な入試改革が功を奏し、志願者が昨年度の568人から1,539人と2.7倍も増えました。


2024年度入試から一般選抜でチョイス2・チョイス1という高得点科目型入試を実施。一般選抜の受験料4万円から1万円プラスするだけでチョイス2・チョイス1を併願することができる制度を取り入れました。


また、共通テスト利用選抜でこれまで前期3科目、後期2科目だったのを、前期・後期ともに3科目型と2科目型を実施。さらにプラス1の配点が変更されて逆転が起きやすくなり、面接でオンライン受験が可能になりました。


これはのべ人数なので実数はそこまで増えていないと考えられますが、それでも歯学部受験生にとって様々な選択肢が増えたことは、ありがたいことだと言えそうです。

前期より後期の方が高い増加率

次に私立歯学部の志願者数を一般選抜(大学独自の試験)と共テ利用に分けて見てみます。


2024年度の私立歯学部入試では、一般選抜の志願者数が昨年度の4,296人から262人増(6.1%増)の4,558人共テ利用の志願者数が昨年度の1,652人から225人増(13.6%増)の1,877人でした。


私立歯学部 入試区分別志願者数(一般選抜/共テ利用)※2024/06/11現在


2024
2023
昨年比
一般選抜
4,558人

4,296人

106.1%
共テ利用
1,877人
1,652人
113.6%

※朝日大学を除く

また、前期と後期に分けて見た場合、一般選抜・共テ利用ともに前期より後期の方が増加率が高くなっています。一般選抜の志願者数を前期と後期に分けて見てみると、一般前期の志願者数は3,319人と昨年度の3,292人とほとんど変わりませんが、一般後期の志願者数は1,239人と昨年度より235人増(23.4%増)となっています。


私立歯学部一般選抜 日程別志願者数(前期/後期)※2024/06/11現在


2024

2023
昨年比
一般前期
3,319人

3,292人

100.8%
一般後期(2期・3期)
1,239人
1,004人
123.4%

※朝日大学を除く

共テ利用も前期と後期に分けて見てみると、後期の志願者増が顕著であり、昨年度より83人増(34.3%増)となっています。これは新課程入試の前年度ということで「絶対に浪人したくない」と考えた受験生が、とにかくどこかに進学先を決めようとした結果と考えられます。

私立歯学部共テ利用選抜 日程別志願者数(前期/後期)※2024/06/11現在


2024

2023
昨年比
共テ利用前期
1,552人

1,410人

110.1%
共テ利用後期(2期・3期)
325人
242人
134.3%

※朝日大学を除く


日本歯科大学と昭和大学歯学部の2月1日対決は?

2024年度入試では、2月1日に日本歯科大学と昭和大学歯学部の前期試験日が同じ2月1日と重なりました。多くの歯学部受験生はどちらを受験するか悩んだと思います。


結果として、日本歯科大学(生命歯)の一般前期志願者数は208人と前年比59人減と約2割減昭和大学歯学部の選抜1期志願者数は224人と前年比186人減、半分近く減らす結果となりました。


両大学の2025年度入試日程は既に発表されています。日本歯科大学(生命歯)の2025年度入試は一般前期が2025年2月1日(土)、一般後期が3月2日(日)です。昭和大学歯学部の2025年度入試は選抜1期が2月6日(木)、選抜2期が3月2日(日)です。


◇◆東京歯科大学&日本歯科大学の合同説明会を行います。副学長と生命歯学部長が来校!◆◇


◇◆昭和大学は医学部と歯学部を合わせた4学部合同説明会を行います!◆◇


大阪歯科大学の2025年度試験日が2月1日、2月2日に決定!

2025年度の入試日程では、大阪歯科大学が2月1日(土)と2月2日(日)の2日間にわたって試験を行うことを発表しています。


大阪歯科大学の2月1日(土)はこれまでと同じ一般前期を実施しますが、2月2日(日)は全学部日程として、医療保健学部・看護学部と同じ問題が出題されます。問題は同じですが他学部との併願はできません。募集人数は一般前期が約58人、全学部日程が約5人です。


2月1日(土)は既に日本歯科大学と試験日が重なることが決定していますが、2月2日(日)は例年であれば東京歯科大学の一般1期が行われます。まだ東京歯科大学の2025年度入試日程は発表されていませんが、もし重なれば西日本の受験生にとっては頭を悩ます2月1日、2月2日となることでしょう。ちなみに、大阪歯科大学は一般前期、全学部日程ともに東京にも試験会場を設けています。


◇◆大阪歯科大学の入試担当者が7/20(土)にメルリックス大阪校に来校します!◆◇


2024年度 私立歯学部志願者数一覧(2024/06/11現在)

北海道・東北地方


試験区分
2024年度
2023年度
昨年比
北海道医療大学
一般前期
202人
208人
97.1%
一般後期
25人
18人
138.9%
一般後期B
14人
18人
共テ前期A
89人
69人
129.0%
共テ前期B
48人
25人
192.0%
共テ後期
11人

9人

122.2%
共テ後期B
7人
6人
116.7%
岩手医科大学
一般前期
24人
41人
58.5%
一般後期
23人
11人
209.1%
共テ前期
16人
19人
84.2%
共テ後期
9人
4人
225.0%
医入試利用前期
11人
医入試利用後期
10人
奥羽大学
一般一期
37人
13人
284.6%
一般二期
27人
13人
207.7%
一般三期
12人
11人
109.1%
特待一期
45人
54人
83.3%
特待二期
21人
22人
95.5%
特待三期
18人
15人
120.0%

関東地方

大学名
試験区分
2024年度
2023年度
昨年比
明海大学
一般A
165人
185人
89.2%
一般B
36人
51人
70.6%
共テプラスA
53人
58人
91.4%
共テプラスB
2人
4人
50.0%
共テA
70人
73人
95.9%
共テB
2人

5人

40.0%
共テC
5人
13人
38.5%
日本大学
(松戸歯)

一般A方式1期

114人

145人
78.6%
一般A方式2期
31人
32人
96.9%
一般N方式1期
126人
142人
88.7%
一般N方式2期
71人
62人
114.5%
C方式1期
56人
49人
87.5%
C方式2期
24人
14人
58.3%
昭和大学

選抜I期

410人
224人
54.6%
選抜II期
68人
119人
57.1%
共テ利用
101人
154人
65.6%
東京歯科大学

一般I期

294人
358人
82.1%
一般II期
178人
169人
105.3%
共テI期
159人
152人
104.6%
共テII期
43人
24人
179.2%
日本大学
(歯)

一般A方式

256人
275人
93.1%
一般N方式1期
126人
142人
88.7%
一般N方式2期
71人
62人
114.5%
C方式1期
56人
49人
87.5%
C方式2期
24人
14人
58.3%
日本歯科大学
(生命歯)

一般前期

208人
267人
77.9%
一般後期
93人
68人
136.8%
共テ前期
118人
115人
102.6%
共テ後期
19人
13人
146.2%
神奈川歯科大学

一般1期

131人
195人
67.2%
一般2期
13人
11人
118.2%
一般3期
15人
9人
166.7%
一般特別
10人
9人
111.1%
共テ1期
27人
42人
64.3%
共テ2期
7人

8人

87.5%
共テ3期
4人
1人
400.0%
鶴見大学

一般1期

101人
115人
87.8%
一般2期
29人
18人
161.1%
一般3期
11人
9人
122.2%
共テ1期
25人
36人
69.4%
共テ2期
2人

4人

50.0%
共テ3期
2人

中部地方

大学名
試験区分
2024年度
2023年度
昨年比
松本歯科大学

一般I期

34人
41人
82.9%
一般II期
11人
7人
157.1%
一般III期
11人
8人
137.5%
共テI期
77人
70人
110.0%
共テII期
25人
9人
277.8%
共テIII期
14人

8人

175.0%
朝日大学

一般I期

258人
228人
113.2%
一般II期
77人
27人
285.2%
一般III期

246人
28人

共テプラスI期
58人
共テプラスII期
3人
共テプラスIII期
5人
共テI期
58人
共テII期
2人
共テIII期
7人
愛知学院大学

一般前期A

309人
247人
125.1%
一般中期
2332人
39人
59.0%
一般後期
17人
30人
56.7%
共テプラス
65人
70人
92.9%
共テI期(3科目型)
35人
36人
97.2%
共テI期(4科目型)
20人
15人
133.3%
共テII期
3人
5人
60.0%

関西地方

大学名
試験区分
2024年度
2023年度
昨年比
大阪歯科大学

一般前期

309人
247人
125.1%
チョイス2(前期)
243人
チョイス1(前期)
255人
一般後期
92人
85人
108.2%
チョイス2(後期)
74人
チョイス1(後期)
75人
共テ前期・3科目型
129人
99人
130.3%
共テ前期・2科目型
136人
前期・プラス1
120人
83人
144.6%
共テ後期・3科目型
34人
共テ後期・2科目型
39人
30人
130.0%
共テI期(4科目型)
20人
15人
133.3%
後期・プラス1
33人
24人
137.5%

九州地方

大学名
試験区分
2024年度
2023年度
昨年比
福岡歯科大学

一般A日程

95人
78人
121.8%
一般B日程
38人
24人
158.3%
共テI期
36人
39人
92.3%
共テII期
15人
4人
375.0%
共テIII期
7人

1人

700.0%



鈴村
鈴村
メルリックス学院医学部・歯学部受験情報センター長

新着記事

他の合格体験記

受験攻略ガイド

カテゴリ一覧