Achievement list

合格体験記一覧

catch-img

昭和大学医学部特待生合格|傾向が変わった近大推薦を予想問題で攻略!


その他の合格校

日本大学医学部合格/近畿大学医学部公募推薦合格



受験情報・対策


目次[非表示]

  1. 1.代表の熱意を感じてメルリックスへ
  2. 2.成績の変化
  3. 3.近大推薦に合格することで受験校を絞れた
  4. 4.苦手な科目を夏までに克服

代表の熱意を感じてメルリックスへ

――まず、メルリックス学院名古屋校を選んだ理由を教えてください。

陣内捷吾さん(以下「陣内」):それまでは映像授業の塾に通っていたのですが、高校3年生になってから、それだけでは医学部に合格できないと考え、医学部専門予備校にいくつか話を聞きに行きました。メルリックス学院では佐藤代表の話を聞いたのですが、佐藤代表の熱意を感じ、ここでなら頑張れると思い、入塾しました。


――メルリックス学院で印象に残ったエピソードを教えてください。


陣内:僕は英語に一番苦手意識があったのですが、犬飼先生に集団授業だけでなく個別指導でもお世話になって、夏頃から劇的に成績を向上させることができました。


――他に何か印象に残っていることはありますか?


陣内:後期から始まったテストゼミ形式の実戦力養成講座では毎回1位を目指してテストに取り組んでいました。なかなか思い通りの結果にならないことで現状に満足することなく、常に上を目指して勉強と向き合うことができたいと思います。


成績の変化

近大推薦に合格することで受験校を絞れた

――近畿大学の推薦を受けようと思ったのはなぜですか?

陣内:近畿大学の推薦は併願制なので、合格が決まればそこからは一般選抜の勉強に集中することができます。僕はどうしても東京慈恵会医科大学に行きたかったので、早くに合格を1つ押さえれば慈恵対策に集中できると思いました。


――受験すると決めてからは、メルリックス大阪校の予想問題プレテストに取り組んでいましたね。


陣内:大阪校で実施していたプレテストを名古屋校で受験させてもらいました。数学と英語が全学部統一試験になったことから過去問を有効に活用できないため、近畿大学に精通した大阪校の先生が作った予想問題で事前演習ができたことはとてもありがたかったです。


――実際に受験校を絞って一般選抜を受けることになりましたが、どうでしたか?


陣内:第1志望だった東京慈恵会医科大学の一次試験で不合格だったことが一番印象に残っています。近畿大学推薦入試に合格した後はずっと慈恵に向けて努力を続けてきたので、かなり悔しい思いをしました。


――一次試験を受けた後、佐藤代表にステーキをご馳走になったと聞いています。


陣内:思っていたよりもできなくて落ち込んでいた自分を佐藤代表が食事に誘ってくれました。ステーキを食べながらいろいろと話を聞いてくれて、終わってしまったことは仕方ないのですが元気が出ました。今になっては寮生活も楽しい昭和大学に入学して本当に良かったと思います。


苦手な科目を夏までに克服


――それでは最後に、後輩へのメッセージをお願いします。


陣内:自分は英語に苦手意識があったので、英語を出来るだけ早く克服できたことが一番の成功要因だったと思います。医学部入試において、苦手科目があることは致命的です。苦手な科目がある方は、夏までには克服できると成績的にも精神的にも落ち着いて受験生活を送れると思います。応援しています!