catch-img

【北里推薦】北里大学医学部 学校推薦型選抜(指定校)に合格するための対策

こんにちは。
受験情報センター長の鈴村です。


今日は神奈川県にある北里大学医学部の学校推薦型選抜(指定校)について取り上げます。北里大学医学部の指定校推薦には一般枠と地域枠がありますので分けて見ていきます。


メルリックス学院では北里大学の入試ご担当者をお招きして6月23日(日)にセミナーを行います。多くの方のご参加を心よりお待ちしております。



目次[非表示]

  1. 1.○入試概要
  2. 2.○2025年度募集要項
    1. 2.1.◎募集人員
    2. 2.2.◎入試日程
    3. 2.3.◎出願資格
  3. 3.○倍率
    1. 3.1.◎指定校推薦
    2. 3.2.◎山梨県地域枠指定校推薦
    3. 3.3.◎茨城県地域枠指定校推薦
    4. 3.4.◎神奈川県地域枠指定校推薦
    5. 3.5.◎埼玉県地域枠指定校推薦
    6. 3.6.◎新潟県地域枠指定校推薦
  4. 4.○過去問
    1. 4.1.◎基礎学力検査
    2. 4.2.◎論文(小論文)
    3. 4.3.◎グループ面接
    4. 4.4.◎個人面接
  5. 5.○出願書類
    1. 5.1.◎入学志願者面接票
    2. 5.2.◎推薦書
  6. 6.○攻略法
  7. 7.○合格体験記
    1. 7.1.Y. Kさん 北里大学医学部学校推薦型選抜(指定校)合格者インタビュー
    2. 7.2.北里大学医学部 合格 矢部 星太郎さん
  8. 8.○対策講座

○入試概要

北里大学医学部は指定校推薦で35名、地域枠指定校推薦で16名の合計51名を学校推薦型選抜で募集しています。これは1学年の定員125名中、約4割にあたります。現役生にとっては非常にチャンスの大きい入試と言えます。


○2025年度募集要項

◎募集人員

指定校推薦
35名
地域枠指定校推薦(山梨県)
2名
地域枠指定校推薦(茨城県)
4名
地域枠指定校推薦(神奈川県)
5名
地域枠指定校推薦(埼玉県)
2名
地域枠指定校推薦(新潟県)
3名

※指定校推薦と地域枠指定校推薦の併願及び山梨県、茨城県、神奈川県、埼玉県、新潟県の地域枠指定校推薦間で併願はできません。
※地域枠指定校推薦の募集人員は2024年度のものです。2025年度入学者選抜において、医学部学校推薦型選抜試験(地域枠指定校)は実施未定です。

◎入試日程

出願期間

未定(例年通りなら2024年11月1日(金)~11月7日(木))

試験日

2024年11月17日(日)

合格発表日

未定(例年通りなら2024年12月2日(月))

入学手続期限

​​​​​​​未定(例年通りなら2024年12月11日(水))


◎出願資格

対象
高3生
評定平均
高校に通知
地域枠(山梨県)
・山梨県内の高校を卒業見込みの者、または保護者が山梨県内に居住している者
・医師免許取得後、15年間の間に9年間知事が指定する山梨県内の特定公立病院等に勤務すること

地域枠(茨城県)
・茨城県内の高校を卒業見込みの者、または茨城県内に1年以上居住する者の子
・大学卒業後、直ちに茨城県知事の指定する医療機関で9年間(臨床研修期間を含む)を医師として業務に従事すること・出願する前に茨城県に修学資金貸与制度の出願書類を提出し、茨城県が行う面接を受けること。

地域枠(神奈川県)
・神奈川県内に1年以上居住したことのある者、または神奈川県内の高校を卒業見込みの者
・大学卒業後、神奈川県内の臨床研修病院で初期臨床研修を受け、特定期間(初期臨床研修を含む9年間)以上、指定医療機関の指定診療科の業務に継続して従事すること

地域枠(埼玉県)

・卒業後、直ちに奨学金貸与期間の1.5倍の期間、特定地域の公的医療機関に医師として引き続き勤務または特定診療科等に医師として勤務する意志のある者
・入学後に「地域医療リーダーズコース」を受講する者
(出身地域は問わない)


埼玉県医師育成奨学金のご案内

地域枠(新潟県)

・卒業後に医師として新潟県が指定する医療機関等に9年間従事することを誓約できる者。
・入学後に「地域医療リーダーズコース」を受講する者
(出身地域は問わない)


医師養成修学資金新潟県地域枠のご案内


○倍率

◎指定校推薦


2024
2023
2022
募集人員
35名
35名
35名
志願者数
61名
64名
57名
受験者数
60名
64名
57名
合格者数
35名
35名
35名
合格倍率
1.7倍
1.8倍
1.6倍
入学者数
35名
35名

◎山梨県地域枠指定校推薦


2024
2023
2022
募集人員
2名
2名
2名
志願者数
2名
3名
1名
受験者数
2名
3名
1名
合格者数
2名
2名
1名
合格倍率
1.0倍
1.5倍
1.0倍
入学者数
2名
1名

◎茨城県地域枠指定校推薦


2024
2023
2022
募集人員
4名
4名
4名
志願者数
6名
7名
4名
受験者数
6名
7名
4名
合格者数
4名
4名
4名
合格倍率
1.5倍
1.8倍
1.0倍
入学者数
4名
4名

◎神奈川県地域枠指定校推薦


2024
2023
2022
募集人員
5名
5名
5名
志願者数
9名
15名
7名
受験者数
9名
15名
7名
合格者数
5名
5名
5名
合格倍率
1.8倍
3.0倍
1.4倍
入学者数
5名
5名

◎埼玉県地域枠指定校推薦


2024
2023
募集人員
2名
2名
志願者数
4名
5名
受験者数
4名
5名
合格者数
2名
2名
合格倍率
2.0倍
2.5倍
入学者数
2名

◎新潟県地域枠指定校推薦


2024
2023
募集人員
3名
3名
志願者数
10名
10名
受験者数
10名
10名
合格者数
3名
3名
合格倍率
3.3倍
3.3倍
入学者数
3名


○過去問

基礎学力検査

100分

論文
80分
グループ面接
30分~40分程度

個人面接

5分~10分程度

北里大学医学部学校推薦型選抜の過去問は公表されていません。指定校推薦と地域枠推薦の出題内容は基礎学力検査と論文は同じ問題が出題され、面接では聞かれる内容が異なります。

◎基礎学力検査

医学部の修学に必要な数学・理科(物理・化学・生物に関する問題から2つを選択)・英語の基礎学力を評価する。

◎論文(小論文)

論理的思考能力、記述力、表現力、考察力、理解力を評価する。出題形式は1つのテーマについての論述とする。要約50字と自分の意見を600字で書く。

◎グループ面接

受験生3人1グループで行われるグループ面接。面接官は3名。テーマが出題され、考える時間が与えられた後、1人ずつ自分の意見を言ってからテーマについて話し合う。

◎個人面接

面接官2名。調査書や提出した面接票の内容など、ごくオーソドックスな質問が聞かれる。地域枠指定校推薦の受験者は地域枠の条件についての確認や、地域医療について質問される。


○出願書類

◎入学志願者面接票

A4 1枚。「本学志望の動機」と「自分が誇れること(学業以外のクラブ活動や生徒会活動、地域活動、趣味や特技など)」を記入する。

◎推薦書

高校の先生に書いてもらう書類。アピールポイントは大学のアドミッションポリシーを参考にする。集団やチームで何かを達成した経験があればそれも書いてもらう。また、研究発表などの経験があれば書いてもらうとよい。


○攻略法

北里大学の指定校推薦は基礎学力検査で英語・数学・理科2科目が出題されます。一般選抜に比べれば基本的な問題が出題され、数IIIもこれまでに出題されたことはないため、基本的かつ典型的な問題をまんべんなく解く学力が必要とされます。


まず一般選抜に向けての勉強に力を入れることが大切ですが、推薦での頻出分野・頻出形式があるので、推薦が決まったら北里対策として準備をした方がいいでしょう。論文(小論文)は課題文が出題されますが、必ずしも医療に直結した内容とは限らないため、様々な題材で練習する必要があります。面接はグループと個人の両方があるため、どちらも別途対策が必要です。


高校によって指定校推薦のみ募集枠がある学校と、地域枠指定校推薦のみ募集枠がある学校、両方とも募集枠がある学校があります。地域枠指定校推薦は年によって倍率が上下するため、必ずしも指定校推薦より易しいとは限りません。まずは自分の高校にどちらが来ているか確認することが必要です。


○合格体験記

Y. Kさん 北里大学医学部学校推薦型選抜(指定校)合格者インタビュー

【「時間内に解ける問題を確実に」落ちついて解けた入試本番】


北里大学医学部 合格 矢部 星太郎さん

【小論文と面接は完璧だった指定校推薦】


○対策講座

北里大学医学部の指定校推薦は希望者が多いため、毎年対策講座を行っています。基礎学力検査に関しては受験した生徒のアンケートをもとに予想問題プレテストを作成しています。


面接も特にグループ面接は実際にやってみないとコツがつかめないため、推薦対策講座の受講生を集めて何度も練習します。

​​​​​​​


鈴村
鈴村
メルリックス学院医学部・歯学部受験情報センター長

新着記事

他の合格体験記

受験攻略ガイド

カテゴリ一覧